一生モノである一戸建て不動産を、賢く売却しよう。

一戸建てを購入するとき知っておきたい豆知識

便利になる

高齢者だけに便利と言うわけではない

リフォームでバリアフリーにする人は多いですが、最近は新築一戸建てを建てる段階でバリアフリーにする人が増えています。後々、バリアフリーにするのなら、最初からやっておけば楽と考える人は多いです。これからは、こうした人がさらに増えていくと見られています。 昔は、バリアフリーは高齢者だけが便利と思うものと言うイメージがありました。しかし、バリアフリーは子供にも若い人にも便利です。小さい子供は家の中を走り回ることがよくありますが、段差でつまづくことがよくあります。若い人も高齢者よりは可能性が低いと言えど、つまづかないと言うわけではありません。 これからの新築一戸建ては、バリアフリーが標準になるとも言われています。

建具にも注意すること

新築一戸建てをバリアフリーにしておけば安心と考える人は多いでしょう。段差につまづいて転倒する可能性が低くなります。しかし、他にも危険な場所はあるのです。新築一戸建てを建てる際は、建具にも注意しなくてはいけません。 ドアの開閉による衝突を防止するため、廊下に面した部屋のドアは基本的に内開きです。しかし、トイレのドアは内開きにしてはいけません。トイレの中で倒れた場合、内開きだとドアが開けられず、救護が遅くなってしまいます。ですから、外開きにしておきましょう。 また、クローゼットには折り戸が基本のようになっていますが、折り戸も注意が必要です。蝶番部分に指を挟む可能性があります。事故防止が施されたものを選びましょう。

Copyright© 2015 一生モノである一戸建て不動産を、賢く売却しよう。 All Rights Reserved.